So-net無料ブログ作成
検索選択


「Vegas、 再び」 その4  16:9と4:3 画角の変更方法 [パーソナルレッスンより]

「飯田和佳のVegasスペシャルセミナー」からのトピックスをご紹介します。

今回は10月23日編

こんにちは。山梨の飯田です。
Vegasスペシャルセミナー全4回開催のうちの3回目です。


10月のうちの4日間、全8回のセミナーでしたが、
全8回を通して、女性の参加者の方は合計3名でした。
面白いことに、その3名の方全てが23日の前半の回でした。

この回の男性は両手に花でした!!
みなさん、楽しかったですね~![晴れ][晴れ][晴れ]

これも何かのご縁なのでしょうか?
このVegasセミナーがきっかけで、皆さんの交流が広がればいいなと思います。

なんといってもここに集う皆さんは、Vegasファンなのですから・・・。

今回も、新幹線で駆けつけて下さった方もいらっしゃいました。
みなさん、ありがとうございます。[わーい(嬉しい顔)]

20101023_am.JPG

20101023_pm.JPG


さて、動画素材と写真素材(jpg等の静止画)を混在させると、
下図のように静止画の両脇に黒い帯が出来てしまいます。

toriming_01.JPG

縦横比が16:9のハイビジョン動画に対して、デジカメ・一眼などで撮影した静止画は
その縦横比が異なるので、Vegasのタイムラインに乗せると、このように両脇に
黒い帯が出来ます。

トリミングをして、両脇の黒い帯を無くすには以下のようにします。
タイムライン上の動画素材の四角形のマーク(イベントのパン/クロップマーク)をクリックします。

toriming_03.JPG


イベントのパン/クロップ画面の上のほうにあるプリセットから、
「16:9 Widescreen TVアスペクト比」を選びます。

toriming_04.JPG

16:9でトリミングされるので、黒い幕は無くなります。イベントのパン/クロップ画面の絵の上で
左ボタンを押しながらマウスを動かすと表示される位置が変わりますから、
バランスのよい位置を決めれば出来上がりです。

ちなみに、16:9でトリミングせずに、その黒い帯を使って、テロップを載せるのもひとつの方法です。

toriming_05.JPG

上記の方法は、静止画にも、そしてもちろん、テープ式ムービーカメラなどの
標準画質で撮影された4:3の動画に対しても同様に適用できます。

これで皆さんは、画角の違いの壁を乗り越えました・・・・[手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)]

バンバンとVegasを使い倒して下さいね。

ちなみに、今回のパン/クロップ画面を使いこなすことが、キーフレームの習得につながります。

「キーフレームを理解できたら、編集テクニックの50%は習得出来たも同じ」
と言われています。
キーフレームの理解は、飯田の公式を使うと一発で理解できます。

キーフレームの使い方を知ると、映像表現の幅がとても拡張されるので、
できれば、ここでキーフレームの解説をしたいのですが、
文字だけでキーフレームを解説することは非常に難しいので、
ここでは解説できません・・・・ごめんなさい[もうやだ~(悲しい顔)]

パーソナルレッスンで理解するのが急がば回れです。
 
 
 
ちなみに、
今回解説しました画角の変更方法について、
解説動画を作りました。
 
宜しければご覧下さい。
 
動画解説ですので、
イメージが解りやすいと思います。
  
 
音声付の動画解説ですので、
音量にお気をつけ下さい。 
 

 


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 11

川口敏男

飯田さん、セミナーありがとうございました。
やっとvagasのCDができましたね。
これは貴重です。vagasのマニュアルは、これしかない
といっても過言ではありません。

by 川口敏男 (2010-12-22 11:07) 

山梨の飯田

川口さん。
コメントありがとうございます。
そして、Vegasの基本偏・解説DVDにお褒めの言葉をいただき、
とっても嬉しいです。

お約束のとおり、応用編DVDも作成を進めていますから、
楽しみに待っていて下さいね。(時期は未定です・・・申し訳ありません)

なお、何かわからないことがあったら、遠慮なくこのブログのコメントで、
ご連絡ください。

ブログでお答えできることでしたら、出来る限りお答えしたいと思います。
でも、なるべくお手柔らかにお願いしますね!(笑)

また、お会いできる日を楽しみにしています。

by 山梨の飯田 (2010-12-25 05:18) 

カネハラ

ご無沙汰しております。
今回長女卒園記念DVD作成担当になり、再びベガスに挑戦することになりました。
そこでこの記事にあるように、16:9の写真と3:2の写真、さらには2:3の縦写真が混在したものを、新規DVD NTSCワイドスクリーンとして作り始めました。
ところがFを使って16:9ワイドスクリーンを設定しても、非常に細い黒帯が残って出てきます。すべてがそうでもなく、ぴったりになるものもあるので、なぜ写真によって違うのかがわかりません。お時間あるとき、解説、または解説記事へのリンクを教えていただけるとうれしいです。
by カネハラ (2016-01-19 14:27) 

山梨の飯田

カネハラさん

飯田です。ご無沙汰いたしております。

かつてさくらホールで行わせていただいたVegasセミナーを
とても懐かしく思い出しています。

ご連絡いただきありがとうございます。
とっても嬉しいです。

結論を先に言います。

ハイビジョン若しくは4Kサイズの
画角「16:9」のプロジェクトの場合、

それをDVD用の画角、
いわゆる
「 NTSC Widescreenビデオストリーム」で
レンダリングすると、
左右に細い黒帯が出てしまいます。

おそらく
「 NTSC Widescreenビデオストリーム」の縦横比が、
正確に「16:9」ではないのが原因だと思います。

これを防ぐには
以下のオプション設定をして、
レンダリングを行ってください。

Vegas Proでも、
Movie Studioでも共通の方法です。

飯田の公式から
DVDは「.mpg」と「.ac3」を探せでしたので、
DVD用の映像の出力は
以下の選択をしますね。


出力形式
MainConcept MPEG2から、
DVD Architect NTSC Widescreenビデオストリームを
選びます。


そしてこのときに、
「レンダリングオプション」の文字の上で
クリックしてください。

サブメニューが開きます。

このサブメニューの中にある

「出力フレームのサイズに合わせて
ビデオをストレッチ(レターボックスにしない)」に
チェックを入れます。


これで左右の黒帯は表示されません。

チャレンジしてみて下さい。


取り急ぎご連絡まで。


何か不都合がありましたら、
遠慮無くご連絡下さいませ。

それでは、
作品の完成をお祈りしています!!


山梨の飯田拝


by 山梨の飯田 (2016-01-20 09:11) 

山梨の飯田

カネハラさん 飯田です。
追加の解説です。

お作りになっている作品の
プロジェクト設定が気になりましたので、
補足しておきます。


>新規DVD NTSCワイドスクリーンとして
>作り始めました

とありましたので、
もしかしたらプロジェクトの設定を、

プリセットの中から、

ビデオ→DVD
プロジェクト→DVD NTSCワイドスクリーンを

選択してスタートされたのでしょうか?

としたならば、
プリセット設定を変更されるのが宜しいかと思います。

カネハラさんもご存じのように、
Vegas ProとMovie Studioは、
他の動画編集ソフトと異なり、
最終書き出し時に必要なファイル形式で書き出せるソフトなので、

極端な話、
編集開始時のプロジェクト設定は必要ないのです。


裏技としたら、
編集に使う動画素材の中で、
最高解像度の素材の画角に
プロジェクト設定を合わせてスタートすることです。

もしも現在作成中の作品の中に、
4K素材が入っているのでしたら、
その4k素材の解像度でプロジェクトを作成し、
レンダリング時にDVD用の設定で書き出しをするのです。

何故かと言いますと、
Vegasの設計図は4Kにも、BDにも、DVDにも、
そのまま使い回せます。

ということは、
4Kサイズのプロジェクトで作成した設計図で、
BD用にもDVD用にも書き出せると言うことなのです。

ですので、
現在作成中のプロジェクトの中に、
例えばHD素材(1920x1080)が入っていたとしたら、
同じ設計図でBDもDVDも作成できると言うことなのです。

もしも、
この考えで進めてもいいかなと思うのであれば、
以下のように操作して下さい。

なお、
以下の操作は万一のために、
「ファイル」→「名前を付けて保存」から、
別のプロジェクトとして操作して下さいね。


「ファイル(またはプロジェクト)」→「プロパティ」から
テンプレートに着目します。

この中から、
HD 1080-60i(1920x1080,29.970fps)を選んでください。

これで、
BD用のプロジェクトになります。


もしも4K素材をお使いでしたら、
以下のようにします。

材料置き場内の4K素材の上で右クリック。
開いたメニューの中から、

「プロジェクト ビデオの設定の照合」をクリックします。

これでお使いの4Kハンディカムで撮影したファイル形式にぴったり合った
プロジェクトサイズになります。

念のためにお伝えしました。

顔晴って(がんばって)くださいませ!!


飯田拝



by 山梨の飯田 (2016-01-20 11:35) 

カネハラ

早速のお返事ありがとうございます。
出力形式がどこで設定できるのか探せないでおりますので、お時間いただきます。
4K映像はありません。父兄さんから集めた写真と動画中心なので、BDをお持ちの方自体少ないようで、DVDのみとのことでした。
MovieStudioPlutinum13.0というのを使用していますが、どのバージョンでも同じ、とのことですから探してみます。作成中のプレビュー画面で黒縁があっても、レンダリングしたら見えなくなる、という認識で合っていますか?
by カネハラ (2016-01-21 14:16) 

山梨の飯田

カネハラさん 飯田です。ご連絡ありがとうございます。

>作成中のプレビュー画面で黒縁があっても、
>レンダリングしたら見えなくなる、
>という認識で合っていますか?

その通りです。
合っています!!

結論は、
プロジェクト設定にて
DVDワイドスクリーンを選んでいても、
先程お話ししたオプション設定を行わないと、
左右に細い黒帯が出てしまうのです。


話を整理しますね。

プロジェクト設定がどのようであろうとも、
DVD作成時に、
DVDワイドスクリーンを選んだきは、
先のコメントでお話ししたオプション設定を行わないと、
左右に細い黒帯が出てしまうのです。


ですので、
DVDワイドスクリーンで作成するときには、
必ずオプション設定を変更して下さい。

そのようにすれば、
その左右の細い黒帯は解消されて、
レンダリングされます(仕上がります)

(ちなみに上記のことは裏技であります)



もっともBDの場合には
このような問題は起こらないので、
オプション設定を変更する必要はありません。

ところで話は変わりますが、
制作依頼がDVDだけであったとしても、
あえてBDでも制作を試みられると良いと思いますよ。

Vegas ProとMovie Studioは
設計図(プロジェクトファイル)を使い回せることに
メリットがあります。

すなわち、
DVDを作るのも、BDを作るのも、
設計図はそのままで良いのですから、

「ムービーの書き出し」から、
DVDを作った後で、
そのままBDを作るだけのことです。

ぜひチャレンジして下さいませ。

飯田拝

by 山梨の飯田 (2016-01-22 07:28) 

山梨の飯田

カネハラさん 飯田です。
Movie Studio13で
DVDを作成するときのオプション設定解説を
記事にしました。

記事番号は218番
記事の日付は2016年1月22日です。

記事を探していただくか、
以下が直リンクのURLですので、
コピペして下さいませ。

http://vegas.blog.so-net.ne.jp/2016-01-22

それでは!!

飯田拝

by 山梨の飯田 (2016-01-22 11:53) 

カネハラ

ありがとうございます。
大変参考になりました。新たに記事を書いていただきありがとうございます。
新たな疑問が生まれたので、また飯田先生のブログを検索してみます。
by カネハラ (2016-01-22 14:52) 

大谷 智佳嗣

1月17日講習有難うございました。こうゆうことは初めてです失礼お許しください榎島さんには大変お世話になり感謝してます。今後宜しくお願いします。 大谷
by 大谷 智佳嗣 (2016-01-22 19:56) 

山梨の飯田

大谷さまへ 飯田です。

1月17日のワークショップにご参加いただき、
ありがとうございました。
とっても嬉しかったです。

2月11日に行う大谷様とのレッスン用に、
この記事にあるVegas Pro13 Suiteを
代理で購入しましたので、
ご安心くださいませ。

なお、
レッスン日前にVegasに触りたいとのことでしたので、
体験版のご利用をお勧めしました。

しかしながら、
Vegas Proの体験版をダウンロードするには、
ソニークリエイティブソフトウェア社の
ユーザー登録が必要になるので、
操作が解りにくいと思います。

そこで、
拙ヴログのコメント欄に、

先程コメントを送信していただいたように、
大谷様のご連絡先(PCのメールアドレス)を記して
送信していただけませんでしょうか?

このコメントは、
私の方で確認(承認)をしなければ、
公開しない設定になっていますので、
メールアドレスをご入力いただいても
公開されません。

大丈夫ですので、
安心してメールアドレスをご連絡ください。

んぼちほど、
メールのやり取りのなかで、
体験版を直接にお送りするようにします。


なお私事になりますが、
これより3日間ほど精神修養のために、
お寺に籠ります。

その間は連絡が取れなくなりますが、
ご安心くださいませ。

取り急ぎご連絡まで。

どうぞ宜しくお願いいたします。


山梨の飯田拝



by 山梨の飯田 (2016-01-23 06:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。