So-net無料ブログ作成
検索選択


「Vegas、再び」 その69  「HDVテープへの書き出し方法」                 Vegas Movie Studio 使い方   [裏技・テクニック・Tips]

「飯田和佳のVegasパーソナルレッスン・銀座」からのトピックスをご紹介します。
 
こんにちは、飯田です。
 
 
今回は、テープ式のムービーカメラ(DV・HDV)をお使いの方で、
Vegasで編集した作品を、テープ(特にHDV)に書き出したい場合の
解説をしますね。
 
 
ところで本題に入る前に、
カメラの記録方式についての簡単な説明です。
 
ムービーカメラは大きく分けると2つに分類されます。
 
それは、ムービーカメラで記録した映像を、
「何に記録をするか」によって、大きく2つに分類されるのです。
 
「何に記録するのか」とは、
 「テープ」に記録するのか、
「テープ以外」に記録するのか 、という2つです。
 
 
テープに記録する場合(当然にデジタル記録です)、 

標準画質(SD)で記録する場合を「DV」と呼称し、
ハイビジョン(HD)で記録する場合を「HDV」と呼称しています。 
 
そして、標準画質のDV記録であれ、
ハイビジョン画質のHDV記録であれ、
使用するテープは「ミニDVテープ」と呼ばれている
同一のテープを使用するのです。
 
 
「テープ以外」に記録するものといえば、
HDD、8cmのDVD、メモリ、メモリースティックなどとなり、
これらの記録方式が、AVCHDとなるわけです。 
 
 
ところで、今回の解説に使うVegasのバージョンは、
Vegas Movie StudioのVer.11ですが、
 
このVer.11には落とし穴があるようなので、
テープ式カメラをお使いでない方も、
ざ~と目を通していただけるとうれしいです。 
 
 
 
さて、ここでの解説に使うムービーカメラは、
ソニーのハンディカムHC3とします。
 
ハンディカム・HC1はVegasでは認識しませんので、
HC1の方はあきらめて下さい。
 
HC3を含めて、
それ以降に製造されたソニーのHDVカメラであればOKです。 
 
HC3.jpg 
 ソニーハンディカム・HDR-HC3(HDVです)
 
 
 
 
HDVカメラはiEEE1394ケーブル(iリンク)でPCと接続しておきます。
ハンディカムの電源を入れて、「見る・編集モード」にします。
 
この時のハンディカムの設定は以下のようにしておいて下さい。、
「DV・HDV・オート」の設定については、「HDV」にします。
「iリンクDV変換」は「切」にします。 
 
上記の状態の場合、ハンディカムHC3のモニタ画面は次のようになっています。
(再生するときの画面です) 
 
DSC00005_R.JPG 
 
 
 
 
1、さて、Vegas Movie Studio HD11の編集画面です。
 
  作品の一番最初のシーンに、「カラーバー」を入れてあります。
  このカラーバーが入っていることを覚えておいて下さいね。 
 
001.jpg
 
 
 
2、「ムービーの作成」ボタンをクリックします。
 
002_01.jpg 
 
 
 ちなみに、「ムービーの作成」ボタンではなくて、
「ツール」メニューから「ビデオをHDVテープに出力」でも同様です。
 
 002_02.jpg
 
 
 
3、「ムービーの作成・出力先の選択」画面が表示されるので、
  「カメラまたは携帯機器に保存する」をクリックして、
  「次へ」をクリックします。 
 
 
003.jpg 
 
 
 
4、 カメラの種類をたずねてくるので、
  「HDVカメラ」をクリックして「次へ」をクリックします。
 
004.jpg 
 
 
 
5、「デバイス」欄に
  お使いのムービーの型式が表示されていることを確認します。
 
  ここにムービー名が表示されない場合には、
  PCがムービーを認識していません。
  このような場合には、iEEE1394ケーブル(iリンクケーブル)を
  抜き差ししてみて下さい。
 
005.jpg 
 
 
 
6、この画面では何もせずに、「次へ」をクリックします。
 
006.jpg 
 
 
 
7、 「録画のクラッシュ」をクリックして、「完了」をクリックします。
 
007.jpg 
 
 
 
8、 ハンディカムHC3のモニタ画面です。
  「録画のクラッシュ」をクリックして「完了」をクリックすると、
 
 
DSC00005_R.JPG 
 
 
9、モニタ上部に一時停止マークが表示された後に、
 
DSC00006_R.JPG 
 
 
10、「一時停止マーク」が「録画マーク」に変わって、
   テープに録画が始まります。
   HDV(テープ式)なので、編集した作品がハンディカムHC3の
   モニタに表示されます。 
 
   下図のHC3の「モニタには、
   Vegasのタイムラインの一番最初にあった
   カラーバーが表示されていますね。 
   
 
DSC00007_R.JPG 
 
 
ポイントはここです。
編集した作品がきちんとモニタに表示されているかを確認して下さい。

編集した作品の映像が流れていれば問題ないのですが、 
この時に、編集作品の映像が表示されなくて、
青い画面のままの状態で、「録画マーク」に切り替わり、
録画時間も経過する場合があります。 

この場合は、テープに正常に録画されていませんのでご注意下さい。
 
 
私が操作したVegas_MS_HD11のバージョンは、
WEBより最新版にアップデートしていましたので、
Vegas Movie Studio HD11の最新バージョン・ビルド283でした。
 
ところが、このビルド283では、テープへの書き出し時に、
「一時停止マーク」から「赤い録画マーク」に変わって、
録画時間も経過しているにもかかわらず、
ハンディカムHC3のモニタ画面は青いままでした。
 
編集した映像が映らないのです。
 
もちろん、テープへの書出しが終わってそのテープを再生しても、
当然に青い画面が記録されているだけです。 
 
そこで、原因切り分けのために、
インストールDVDからインストールした直後の
Vegas Movie Studio HD11・ビルド247で確認したところ、
正常に書出しができました。
 
また、Vegas Movie Studio Ver.9、
Vegas Movie Studio Ver.10でも同様に確認しましたが、
いずれも正常に書き出し出来ました。 
 
 
以上から、HDVテープに書き出しをするにあたって、
Vegas Movie StudioのVer.9とVer.10は問題ありませんが、
 
Ver.11をお使いの方で、HDVテープへの書出しが正常に出来ない方は、
まず、お使いのVer.11のビルド番号を調べてみて、
その番号が「ビルド283」でしたら、 
一度、Vegasをアンインストールして、
再度、インストールDVDからインストールしなおしてください。
 
この時にVegasを起動すると、
「最新バージョンが出ていますのでアップデートしますか」という
画面が表示されますが、それは「×」印をクリックして閉じて、
インストールしたままのバージョンでHDVテープへの書き出しを
行ってみてください。 
 
ちなみに、このビルド283では、
DVD作成やBD作成時のレンダリング時にもエラーが発生しましたので、
ビルド283のバグではないかと考えています。
 
ちなみに、上記のHDVテープへの書き出しが正常に行えない旨と、
上記の原因切りわけ経過をフックアップ様に
メールにてお問い合わせしたところ、 
 
対応策の回答ではなくて、
「米国のソニークリエイティブソフトウェア社に報告をしておきます」
という回答でした。(ちょっと残念!・笑) 
 
 
以上、いろいろと書き連ねましたが、
確認の意味を込めて改めて記します。
 
あなたが、現在Vegas_MS_HD11をお使いになっていて、
もしもそれがビルド283であったとしても、 
 
あなたがお使いになっている編集操作で、特に問題が無いのであれば、
そのままお使い下さいませ。
 
調子の良いパソコンには何もするな!
過ぎたるは及ばざるが如し !
 
という面白い鉄則・ゴールデンルールがパソコンにはありますので・・・。
 
 
 
今日はここまでとします。
長い解説にお付き合いいただきありがとうございました。
 
 
山梨の飯田より 
 
 
 
追伸1: 
 
このブログは、「山梨の飯田」にご縁があった方のための、
アフターフォローという意味で、

世界一軽く動くVegas習得のコツを
各方面から、「世界一解かりやすくて、記憶に残る講義」と
高い評価をいただいています、「山梨の飯田」が記しています。


ところで、、このブログでは、現在、日本国内で出版されている
Vegas Movie Studio 9」
「Vegas Movie studio HD10」
「Vegas Movie studio HD11」 
の解説本に記載されていない内容が含まれています。


そして、記載している事項は、
「山梨の飯田」が実際に操作して、
確認した内容を記しているだけですので、
内容の責任は「山梨の飯田」にあります。

つまり、本ブログの記事、内容などは
全て「山梨の飯田」の著作物となります。

従いまして、記事の引用、転載はお控えいただきたくお願いいたします。
何卒、事情ご賢察下さいませ。 
 
 
 
追伸2:
 
HDVカメラでソニーのハンディカムをお使いの方でしたら、
PMBというソフトが付属で同梱されていたと思います。
 
昔のPMBには、HDVテープへの書き出し機能がついていたのですが、
PMBのバージョンが上がるにしたがって、
このHDVテープへの書き出し機能が無くなってしまいました。 
 
ですから、HDVカメラを購入されたときについてきたPMBを
お使いのPCにインストールしたけれど、それをアップデートしてしまうと、
HDVテープへの書き出し機能が無くなってしまうのです。
 
そのように考えると、HDVカメラをお使いに方にとっては、
Vegasに備わっているDV・HDVテープへの書き出し機能は
とても貴重だと思います。 
 
  
 
追伸3:
 
ソニーストア名古屋さまでの1月レッスン開催が決まりました。
 1月17日(火)~22日(日)の6日間となります。 
 
当初は、名古屋会場での1月レッスンは開催不能だと思っていましたので、
とても嬉しく思っています。 
 
ソニーマーケティングさま、ソニーストア名古屋の関係者の皆さま、
ご配慮いただきありがとうございました。
心から感謝しています。 
 
 
追伸4:
パーソナルレッスンのご予約・問い合わせは
下記のご相談カウンター様までお願いいたします。
 
ソニーお客様ご相談カウンター銀座(ソニーストア銀座内)
  電話03-3289-2751(11:00-19:00) 

ソニーお客様ご相談カウンター名古屋(ソニーストア名古屋内)
  電話 052-249-3887(11:00-20:00)

 
 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。