So-net無料ブログ作成


その76  「4月レッスン開催日程案内 銀座・名古屋会場と嬉しい出来事」        Vegas Movie Studio 使い方   [パーソナルレッスン 開催日程案内]

「飯田和佳のVegasパーソナルレッスン・銀座」からのトピックスをご紹介します。


こんにちは、飯田です。

さあ、いよいよ4月レッスンが始まろうとしています。

ソニーストア名古屋様でのレッスンは、
4月13日(金)~20日(金)までの8日間、

ソニーストア銀座様でのレッスンは、
4月24日(火)~27日(金)までの4日間となります。

すでにレッスンのご予約をされている方は、
心待ちにされていることでしょう。

あなたのパートナーである飯田は、日々進化しています。
今月も期待して下さいね!

普通一般のレッスンは、
「お客様の期待に応えるレッスン」でしょうが、
山梨の飯田によるレッスンは、
「お客様の期待を裏切るレッスン」です。

私のレッスンを受講された方や、
私のイベントでのプレゼンテーションをご覧になった方は、
この「期待を裏切る」という意味がお判りになると思いますが、

この拙ブログを初めてご覧になる方もいらっしゃるので、
念のために記しておきます。

山梨の飯田のレクチャーは、
良い意味で、期待を裏切ります、つまり、ぶっ飛んでいます!(笑)

ですので、
銀座5丁目の奇跡や、
名古屋栄3丁目の奇跡が起きているのであります。


ところで、3月のレッスンは、
3月13日~20日が名古屋でのレッスン、
21日~22日は山梨でお洗濯(笑)、
23日~30日は銀座でレッスン。

という怒濤の動きでしたが、
ここに更に追加して、
 
3月31日~4月1日の2日間にわたり、
ソニーストア名古屋様でのブラビアデモンストレーションを
行っていました。
 
 
nagoya_20120331_20120401.jpg
 
 
↑上記のWEB表記内には誤りがあります。
 山梨の飯田は、決して、SONY様の専任講師ではありません(爆)。 
  メーカー各社様からのオファーをお待ちしています(笑)。 
 
 そして、WEBサイト制作者の方へ、
 昔の写真では無くて、 現在の、
もっとかっこいい写真を使っていただけると嬉しいです・・・(お願いっ♪♪♪)。

実は、この名古屋でのイベントで
とてもうれしいことがありました。

  

 
私は折に触れて、ソニーストア名古屋様の1階正面入り口で、
イベントのデモンストレーションを行っているのですが、
そのイベントを見るために、毎回お越し下さるお客様がいらっしゃいます。
とっても元気なおじいちゃんです。

そのおじいちゃんは、ソニーストア名古屋様に立ち寄られるたびに、
「山梨の飯田さんのイベントは次回は何時あるのか?」、
「山梨の飯田さんは今度はいつここに来るのか?」と
お尋ね下さるそうです。

もう、スタッフの方から、この経緯を聞いただけで、
涙が出そうになるほどに、嬉しくなりました。


私は銀座、名古屋、山梨で、とても素晴らしいお客様に恵まれています。
あなたとの出会いに感謝しています。
心から、ありがとうございます。


そして、このおじいちゃんは、
イベント最終日の4月1日の18時頃に、
ストア名古屋の1階フロアにお越しになりました。

この日は、イベントが重なっていました。
4Kプロジェクターを使った映像イベントが
2階のシアタールームで行われていたので、
そちらにご参加下さった後に、1階に降りてこられたのでした。


「おおっ、山梨の飯田さんじゃないか!、本日のデモはもう終わりかな?」

「イベントは18時までなので、基本的には終わりですが・・・」

「今日は何をデモンストレーションしていたのかね?」

「6年前に発売されたブラビアと、4月に発売される新型ブラビアで、
同じ映像を2台に映して、6年間の進化をお話ししていました」

「DRCのことも話していたのかね?」

「はい、DRCは今の機種では、X-Reality Pro」という技術に進化して、
呼称が変わっているのですが、それにしてもお客様はよくご存じですね!、
ソニーのエンジニアが熱い想いと情熱を込めて作り上げた技術です。
これがあってこその映像のソニーと言う技術です!」

「地デジ対応のブラビアが出始めた当初、
ブラビアで地デジを見るよりも、
BDレコーダー経由で地デジを見た方が映像がきれいだと
評判になりました。
 
その理由は、当時は、BDレコーダーにこのDRCが搭載されていて、
ブラビアには搭載されていなかったことがその理由なんです。

現在は、”超解像技術”という言葉が当たり前になっていますが、
そんなことが言われる前からソニーは技術開発をしていたのです。」

おじいちゃんの表情を見ると、
とてもこの続きをお聞きになりたそうでしたので、

「30分お時間をいただけるのであれば、
お客様のために、特別にデモンストレーションをいたしますが、
如何されますか?」

おじいちゃんは、
「どうしても聞きたい!」とおっしゃって下さったので、
時間外ではありましたが、特別にデモンストレーションをさせていただきました。

ストア名古屋のスタッフの皆様、
イベント終了時間の18時を過ぎていたにもかかわらず、
微笑んで見守って下さりありがとうございました。

ところで、デモンストレーションが終わったときに、
おじいちゃんが

「わざわざ時間外にデモンストレーションをしてくれたのだから、
お礼と言ってはなんだが、一ついいことを話してあげよう。
きっと、飯田さんにとって元気になることだよ」
 
と言って、次のお話をして下さいました。


「販売」という言葉の意味をご存じかな?

「物を売ること・セールス」ではありませんか・・・。

「それも一つの意味ではあるが、こんな意味もあるのだ・・・」

「販売」とは、一般的には「物を売ること」ではあるが、
米国のウェブスターという辞書には、次のように定義してあるんだよ。

「信頼または自信や信念を確立すること。
何らかの価値を(誰かに)確信させること。
納得してもらうこと。」

「あんたはそんなことを意識していないと思うが、
熱く語るあんたの話を聞くと、ソニーの商品を買って良かった」と
心底思えるんだよ。

「そうですか、そのように感じていただけるのであれば、とても嬉しいです」
 
「あんたの話を聞いていると、元気と勇気がみなぎってくる。
また次回を期待しとるで~!!わしはあんたのファンやからな! 」
 

 
「群れない・媚びない・へつらわない」、
「自分にとって大切だと思うことを大切にする」
 
という生き方をしている飯田にとって、
おじいちゃんの言葉は、とても嬉しい出来事でした。 
 
 
言葉は不思議ですね。
思い切り人を傷つける凶器にもなれば、
人生の絶望の淵から立ち上がる勇気にもなります。
 
 
 
今回は、ここまで。
お付き合いいただき、ありがとうございました。 
 
 
 追伸1:
4月の飯田によるレッスン開催日程は以下の通りです。 
 
 
名古屋会場
 ソニーストア名古屋さま2階のお客様ご相談カウンター
 
4月13日(火)~4月20日(火)の連続8日間、
 
銀座会場
 ソニーストア銀座様(銀座ソニービル4階)
 
4月24日(火)~4月27日(金)の連続4日間。 
 
 
  
お問い合わせ、ご予約は、
下記のソニーご相談カウンター銀座・名古屋様までお願いいたします。


ソニーお客様ご相談カウンター銀座(ソニーストア銀座内)
ソニーお客様ご相談カウンター名古屋(ソニーストア名古屋内)


 
 
追伸2:
山梨の飯田が意図していることは、必ず結果を出すことです。
結果を出さないレッスンは価値が無いと思っています。
私には人生の時間があまりありません。
ですので、本当に結果を出したい方の為に、
飯田のレッスンをご提供したいと考えています。
 

 
 
 
 


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

コメント 2

小平のゴチョウ

飯田先生
素敵なコメントを有難うございます。
疲れ切った体とすり減った精神に良く効く処方箋です。
その年配のムッシュの方が何枚か上手です。
私達若輩は年の功にはかないません。

ソニーの開業以来の大赤字(原因は?)が報道される昨今。
これを崖っぷちととらえるか?下げ止まり、飛躍への準備と
考えるか?への”処方箋・ヒント”と思える長老のお言葉。
天文学的な大赤字の前には”栄や数寄屋橋のキセキ”は
ほんのささやかな事項かもしれませんが、かつてテープデッキやトランジスタを創ってきたソニーは”そんなささやかな夢を実現してきた企業。長老の言われる信頼又は自信や信念を直向きな若い熱意と技術力で確立してきた企業なのでは?”

Vegasの優位性
最近シャンソンライブを撮影する機会があり、初対面のフランス人2人とお互いに全く異なるカメラ4台で撮影しました。
編集ソフトの話もしましたがvegasと言うと安心してました。
業務用テープカメラ、パナのレンズ付きデジカメ、ハンディ
カムこれがvegasではフツーに素材として取り込め、快適に
ハイビジョン編集できます。しかもマルチ編集で。
(編集の腕は兎も角)トレビア~ン!

ソニーのトップや関係者の方が”栄や数寄屋橋のキセキ”
Vegasの実力などに注目されることを古くからのSONYファンとして願うばかりあります。
そこにこそ大赤字を逆転できるヒントがあるのだから~
なんて・・・
by 小平のゴチョウ (2012-04-12 11:59) 

山梨の飯田

ゴチョウさんへ

飯田です。

ありがとうございます。

コメント、
とっても嬉しいです。
by 山梨の飯田 (2012-04-14 18:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0