So-net無料ブログ作成
検索選択


その226 マルチカメラ編集機能をより便利に使うとは? [パーソナルレッスンより]

こんにちは、飯田です。
 
Vegas Proの日本代理店である、
ソースネクスト社様が
大キャンペーンを行って下さったことから、
 
飯田のレッスンに参加される方は、
全員がVegas Pro13に切り替えられました。
 
ソースネクスト社様、
有り難うございました。 
 

話は変わりますが、 
編集が出来るようになって、
初めてわかることがあるのです。
 
それは、 
動画編集の初心者こそ、
Movie Studio13ではなくて、
Vegas Pro13を
使った方が良いということです。
 
なぜならば、
ある操作を行うのに、
Movie Studio13では
3手順(3回の操作)が必要なのに、
 
Vegas Pro13では、
1手順(1回の操作)で
済んでしまうからです。
 
一般的には、
まだ操作もできないし、
そもそもそんな大作を作るわけじゃないのだから、
 
Vegas Proじゃなくて、
一般用で良いんじゃないの! と考えて、
Movie Studio13を選ばれる方がほとんどです。
 
それは、
効果的な解説をお聞きになれない方、
 
すなわち、
正しい解説を耳にすれば
編集操作ができるようになるとお考えの方でしたら、
それでも良いと思います。 
 
 
しかしながら、
作品を完成させて
達成感を味わいたいんだとか、
 
創った作品を人にプレゼントして、
喜んだ顔が見たいんだという方は、
 
正しい解説ではなくて、
出来るようになる解説、
 
言葉を変えれば、
作品が完成する解説を
お聞きになったほうが良いと思います。 
 
そして、
そのコンテンツをお知りになりたいから、
拙ブログを御覧いただいているのですよね!! 
 
ありがとうございます。 
 
解らないことを
解るようにするために、
情報を手にされると思います。
 
『質問は解っている人に聞け 』という
アイデアがあります。
 
間違った人に質問してしまうと、
回り道をすることになってしまうからです。
 
世の中にはたくさんの情報が溢れていますから、
私たちは情報を選択する必要がありそうです。 
 
 
さて、
Vegas Pro13ならではの機能に、
マルチカメラ編集があります。
 
003.jpg 
 
このマルチカメラ編集をするときの、
モニタ画面表示を見やすくする方法がないのかと
レッスンでご質問をいただきました。
 
直接のレッスンは
ソニーストア名古屋様だけで行っていて、
 
名古屋にお越しいただけない方には、
遠隔操作によるリモートレッスンを
行っているのですが、 
 
その方々に向けても、
お伝えしたい情報でしたので、
ここに記しておきます。
 
ゆっくりと読み進めて下さい。 
 
 
 

下図のように

4つのトラックを使って

マルチカメラ編集を行うとします。 

 

001.jpg 

 

この状態で

マルチカメラ編集に切り替えました。

002.jpg 

 

すると、モニタ画面(カレー鍋)は 

下図のように変化します。

003.jpg 

 

ここで問題があります。

 

トラック名を変更している場合には、

その変更されたトラック名が、

4分割された画面中央に表示されます。

 

上図の「カメラ1」とか

「カメラ2」という文字のことです。

 

また、

トラック名が空欄の場合には、

そこで使われている材料(動画ファイル)の

ファイル名が表示されます。

 

モニタの画面表示を見ながら

シーン切替ポイントを探してゆくとき、

 

この画面中央のトラック名表示が邪魔なので、

それを無くすにはどうすれば良いのでしょうか?

というのが今回の解説です。

 

以下の手順に沿って操作して下さい。

 

「オプション」→「ユーザー設定」をクリックします。 

 

004.jpg 

 

「ビデオ」タブをクリックします。

このビデオタブの中の「マルチカメラ編集」から

「テイク名の表示」に着目して下さい。

 

Vegas Proの初期値(デフォルト)では、

ここにチェックが入っています。  

005.jpg

 

そこで、

この「テイク名の表示」をクリックして、

チェックを外します。 

 006.jpg 

 

モニタ画面の中の、

トラック名の表示が消えました。 

007.jpg 

 

これで、

めでたしめでたし・・・であります。

 

今回はここまでです。

 

お疲れ様でした。

 

追伸1:

 

【飯田のレッスン・2016年7月名古屋会場】は、

7月9日(土)~7月12日(火)の連続4日間と、

7月23日(土)~7月26日(火)の連続4日間の、 

合計8日間で行います。

会場は、 

名古屋・栄の(丸栄デパート様裏側にあたります)、

ソニーストア名古屋様です。

 

レッスンをご希望の方は、

ソニーストア名古屋様まで

お問い合わせ下さい。 

 

http://store.sony.jp/store/nagoya/index.html 

 

 

追伸2:

 

毎月の恒例になっています、

ソニーストア名古屋様で行う、

無料の特別ワークショップのご案内です。

001.jpg 

002.jpg 

 

http://www.sony.jp/store/retail/nagoya/event_list/#event45 

 

7月のワークショップは、 

7月24日(日)の13:30~14:15で

行います。 

 

この7月ワークショップでは、

撮影素材のカメラからの取込みで、

後々まで間違いの無い取込み方法は

どうするの・・・。

 

写真データや動画データは

外付けHDDに保存しているけれど、

パソコンを買い替えたらどうするの・・・というところから、

 

PlayMemories Homeについての

目から鱗の使い方を 

特別に解説します。 

 

ワークショップでお会いしましょう。 

 


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。