So-net無料ブログ作成
検索選択


裏技・テクニック・Tips ブログトップ
前の10件 | -

その235 Vegas Pro13 build545 にアップデートする方法 [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、飯田です。
 
現在は
ソニーストア名古屋さまにて
2月レッスン(2月18日~26日)を行っています。 
 
今月のレッスン中に、
Vegas Pro13が不安定なんだけど・・・
というご質問をいただきました。 
 
 
そこで、
Vegas Pro13をお使いのあなたへ
最新版のVegas Pro13(build545)に
アップデートする方法をお伝えしておきます。
 
しかしながら、 
今現在は調子よく、
Vegas Pro13が動いている場合には、
今回の方法は試す必要はありません。
 
パソコン操作の諺に、
 
上手く動いているときは、
パソコンをいじらないこと!
 
というものがあるからです。 
 
 
何があっても大丈夫という方のみ、
興味があったらチャレンジしてみて下さいませ。
 
 
 

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

その209 PC音声とHDMI音声の切替について [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、飯田です。
 
現在は
ソニーストア名古屋様にて
9月レッスンを行っている最中です。
 
おかげさまで
たくさんの仲間が
レッスンに顔を出して下さっているので、
 
ブログを更新している時間など、
余裕がないのですが・・・。
 
 
Vegas Proや
Movie Studioでの編集時において、
 
PCモニタの代わりに
大型TVをお使いの方がいらっしゃる方から、
音声の使い勝手について質問をいただきました。
 
PCとTVとの接続は
もちろんHDMIです。
 
もしかしたら、
多くの方が困っていらっしゃるかもと思い、
急ぎ記しました。
 
 
PCとTVをHDMI接続していれば、
当然に映像と音声は 
TVから出力されます。
 
このときに、
映像だけはTVから出力したままで、
音声をPCスピーカ若しくは、
PCのヘッドフォンジャックから出力したい場合の、
切替方法です。
 
キャプチャ画面は
Windows7になります。
 
ちなみに、
私のレッスンを受講されていらっしゃる方は、
 
Windows8であれ、
Windows8.1であれ、
Windows10であれ、
 
レッスン時に
全てWindows7の画面に
カスタマイズしてあるので、
このキャプチャ画面の通りになるはずです。
 
 
Windows7以外のOSをお使いの方は、
音声出力切替方法の考え方は
全く同じですので、
応用して下さいませ!!
 
 
1,
下図はPCの映像と音声が
TVから出力されている状態です。
 
デスクトップ画面の右下にある
「スピーカー」のマークを右クリックします。 
 
 
 
001.jpg
 
 
 
 
2,
「再生デバイス」をクリックします。 
 
002.jpg 
 
 
 
3,
「サウンド」画面が開くので、
この中の「再生」タブをクリックします。
 
『既定のデバイス』が
いずれになっているのかがポイントです。
 
現在はTVから出力されているので、
お使いのTVが「既定のデバイス」に
なっているはずです。 
 
 
003.jpg 
 
 
 
4,
「スピーカー/ヘッドフォン」が
PCのスピーカーや
ヘッドホン端子からの音声出力を
意味しています。
 
そこで、
「スピーカー/ヘッドフォン」の上で
クリックして選択し、
 
『規定値に設定』をクリックしたら、
 次に「適用」をクリックします。 
 
 
004.jpg 
 
 
 
5,
「スピーカー/ヘッドフォン」に
『既定のデバイス』が変更されたことを確認して、
「OK」をクリックします。 
 
 
 
005.jpg 
 
 
 
 
6,
下図は
映像はTVから、
音声はPCのヘッドフォンジャックに変更後の
状態です。 
 
006.jpg
 
 
 
 
7,
PCのヘッドフォン端子から出力されている音声を
TVに戻したい場合は、
先程と同様の操作を行います。
 
画面右下の
スピーカーマークを右クリックし、
「再生デバイス」をクリック。
 
 
「サウンド」→「再生」タブから、
お使いのTVをクリックしてから、
『規定値に設定』をクリックし、
 
次に、
「適用」→「OK」を クリックするのです。
 
 
007.jpg 
 
 
 
 
今回はここまでです。
 
 
 
レッスンでお逢いできる日を
楽しみにしています。
 
 
飯田拝
 
 
 
追伸1: 
 
10月の名古屋レッスンの
開催日程が決まりました。
 
10月19日(月)~10月27日(火)の 
連続9日間となります。
 
 
ちなみに、
今月のレッスンは、
9月16日(水)まで行っています。 
 
若干ではありますが、
お席に余裕がありますので、 
10月レッスンまで待てないという方は、
ぜひお越し下さい。 
 
 


【飯田のレッスン・名古屋会場】は、
名古屋・栄の(丸栄デパート様裏側にあたります)、
ソニーストア名古屋様となります。
 
レッスンをご希望の方は、
ソニーストア名古屋様まで
お問い合わせ下さい。 
 
 
 
 
追伸2: 
東京会場でのレッスンですが、
 
諸般の事情から
現在は休止させていただいています。 
 
東京会場でのレッスン再開を
心待ちにして下さっている皆さま、
 
ご迷惑をお掛けして
誠に申し訳ありません。 
 
何かしらのアクションを
考えてはいます。
 
もうしばらくお待ちくださいませ。 
 
 
 
追伸3:
「山梨の飯田」の動きにつきましては、
拙ブログ以外に、 
Facebookでも公開しています。
 
私のFacebookページは
オープンにしてありますので、
Facebookアカウントをお持ちの方であれば、
御覧いただくことが可能です。
 
必要とあらば覗いてみて下さい。 
 
 
また、
お友達申請をしてくださる場合には、
誠に恐れ入りますが、
 
メッセージにて自己紹介も
お送りいただきたくお願いいたします。
 
 

 
 
 

タグ:HDMI
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

その208 DVD Arvhitectのプロジェクトファイルを別PCで復元するには? [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、飯田です。
 
現在は
ソニーストア名古屋様にて、
9月レッスンの真っ最中です。
 
 
さて、
Vegasでのレンダリングが終わり、
DVD Architectにてディスク作成をしていて、
エラーが出てディスクが完成できない。
 
そこで、
そのトラブル対処のために、
レッスンにご参加いただく場合の、
ポイントをお伝えします。
 
私たちが使っている、
ごく普通のPCで
 
ハイビジョン作品、
4K作品を完成できる可能性の
一番高い編集ソフトが
 
Vegas Proないしは
Movie Studiuoでした。
 
 
Vegas Pro若しくは、
Movie Studioを使っている限りにおいて、
 
作品を完成できない原因の
50%はPC・Windowsが不機嫌であることで、
50%は「私の操作方法がオカシイ」でしたね。
 
そして、
あなたがとっくにご存じの通りで、 
 
飯田のレッスンにおいては、

「私の操作方法がオカシイ 」部分を
見つけ出して、
その理解を深める解説をするのはもちろんのこと、
 
PC・Windowsが不機嫌であるときに、
そのメンテナンスをも行うので、
絶対に作品が完成するのでした。
 
ですから、
トラブルがあったときには、
VegasなりDVD Architectの
プロジェクトを見せていただきたいのです。
 
ノートPCで編集をされている方は、
そのままノートPCをお持ちいただければ
良いのですが、
 
デスクトップPCで編集をされている方は、
PCを持ってくることが出来ません。
 
そこで、
Vegas Pro、
Movie Studio、 
DVD Architect、
 
上記の3つにおいて、
設計図(プロジェクトファイル)を
外付けHDDなどにコピーして持参いただければ、
 
レッスン時に私のPCにて、
あなたのプロジェクトを復元することが出来ます。
 
 
ところがここで、
注意点があります。
 
Vegas Pro、Movie Studio、
DVD Architectのプロジェクトとは、
料理に例えれば「レシピ」 に過ぎません。
 
ですので、
単にプロジェクトファイルだけを
コピーしていただいても、
 
それは設計図だけで、
そこに使われている材料は
含まれていません。
 
ですので、
そのプロジェクトを別のPCで復元するには、
設計図と共に、
そこに使われている材料も一緒に、
コピーする必要があるのです。
 
以下に
DVD Architectのプロジェクトファイルを
別PCで完全に復元するための手順を記しますので、
 
この手順に従って
外付けHDDなどにファイルを保存し、 
レッスンにお持ち下さい。
 
 
1,
下図はあるメニュー付きBDのプロジェクトです。
 
このプロジェクトファイルの
編集画面からは
幾つかのことが読み取れます。 
 
メニュー画面の背景画を変更し、
このメニュー画面表示時において、
BGMが流れるようにしてあります。
 
また、
メニュー画面が表示される前に、
約30秒のオープニングムービーが
映るように作ってあります。 
 
DVD Architectでまとめようとしている
動画作品は一つです。 
 
 
 
001.jpg 
 
 
 
2,
「ファイル」→「名前を付けて保存」に進みます。
 
 
002.jpg 
 
 
 
3,
「保存する場所」欄の
▼(下向き三角マーク)をクリックして 、
保存先を外付けHDDなどに変更し、
 
そこで新規フォルダを作成して 
そのフォルダを指定して下さい。
 
ここからがポイントです。
 
「メディアのコピー」欄の
▼(下向き三角マーク)をクリックして
オプションメニューを表示させます。 
 
 
003.jpg 
 
 
 
4,
「メディアのコピー」のオプションは、3つあります。
 
普段はここが「標準」になっているますが、
 
別PCで復元するには、
一番下にある、
 
「ユーザーおよびテーマメディアを
プロジェクトと同じ場所にコピー」を
 
クリックして選択して下さい。
 
  
 
004.jpg 
 
 
 
5,
「メディアのコピー」欄が
下図の通りになっていることを確認して、
「保存」をクリックします。
 
 
005.jpg 
 
 
 
6,
状況によっては、
下図の「エラーメッセージ」が表示されますが、
これは無視して構いません。
 
正常にコピーされています。
 
006.jpg 
 
 
 
7,
保存されたファイルは
以下のようになります。 
 
 007.jpg
 
 
 
 
最後に・・・。
 
 
DVD Architectでのエラーには、
大別して以下のことが考えられます。
 
 
PC・Windowsの不具合、
DVD Architectの不具合、
Vegasでレンダリングされたファイルが適切ではない、
DVD Architectのメニュー構成が不適切 
私のやり方がオカシイ
 
 
今までのレッスンと
トラブル対処の経験から、
 
Vegas Pro、Movie Studioでの
編集時に問題を内在させていたり、
 
そのレンダリング時に
勘違いをしている場合が多いので、
 
Vegas Pro、
Movie Studioのプロジェクトも、
もちろん材料を含めた上で、
コピーしてお持ち下さい。
 
Vegas Proと
Movie Studioにて、
設計図(プロジェクトファイル)と 
材料をまとめて保存する方法は
以下の図の通りです。
 
「メディアをプロジェクト共にコピー」に
チェックを入れて下さい。 
 
 
 
008.jpg
 
 
 
ちなみに上記方法は、
プロジェクトファイルと
そこに使われている材料を
ひとまとめにしてコピーしているだけですので、
 
レンダリング済みファイルは
コピーされません。
 
DVD Architectにて
今回の方法でプロジェクトを保存した場合には、
当然にレンダリングされたファイル(ネタ)が
保存されますが、
 
DVd Architectでの上記保存を行っていない場合、
DVD用、BD用の
レンダリング済みファイルは
プロジェクト共に保存(コピー)されません。
 
必ず、
Vegas Proと
Movie bStudioにて作成した
レンダリング済みファイルも
 
外付けHDDにコピーして
レッスンにお持ち下さいませ。
 
 
今回はここまでです。
 
 
 
レッスンでお逢いできる日を
楽しみにしています。
 
 
飯田拝
 
 
 
追伸1: 
 
9月の名古屋レッスン、
ソニーストア名古屋様での
レッスン開催日程は、
 
9月8日(火)~9月16日(水)の
連続9日間となります。
  


【飯田のレッスン・名古屋会場】は、
名古屋・栄の(丸栄デパート様裏側にあたります)、
ソニーストア名古屋様となります。
 
レッスンをご希望の方は、
ソニーストア名古屋様まで
お問い合わせ下さい。 
 
 
 
 
追伸2: 
東京会場でのレッスンですが、
 
諸般の事情から
現在は休止させていただいています。 
 
東京会場でのレッスン再開を
心待ちにして下さっている皆さま、
 
ご迷惑をお掛けして
誠に申し訳ありません。 
 
何かしらのアクションを
考えてはいます。
 
もうしばらくお待ちくださいませ。 
 
 
 
追伸3:
「山梨の飯田」の動きにつきましては、
拙ブログ以外に、 
Facebookでも公開しています。
 
私のFacebookページは
オープンにしてありますので、
Facebookアカウントをお持ちの方であれば、
御覧いただくことが可能です。
 
必要とあらば覗いてみて下さい。 
 
 
また、
お友達申請をしてくださる場合には、
誠に恐れ入りますが、
 
メッセージにて自己紹介も
お送りいただきたくお願いいたします。
 
 

 
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

その150 複数カメラ撮影時の素材の色合わせはどうするの?(特にMovie Studio13)  [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、飯田です。
 
4Kカメラを購入されたり、
新しいカメラを購入されたのをきっかけに、
マルチカメラ編集に取りかかっているあなたへ
愛を込めて!!(笑)
 
 
 
あなたには
ピクチャー イン ピクチャー(P in P)の基本や、
音量を自由自在に調整するエンベロープの解説をした際に、
 
マルチカメラ編集での、
基本的な考え方をお話ししたことと思います。
 
 
何事も自由自在に調整できる、
すなわちフリーハンドで調整できる機能が
エンベロープであり、
 
音に使っていたエンベロープを
映像(絵)に適用すると
その不透明度が自由自在に調整できるので、
 
それを応用するのが、
【飯田の公式】を組み合わせての
なんちゃってマルチカメラ編集でした!!
 
どうです?
 
相互関係を
思い出してきましたか?(笑) 
 
 
Vegas Proと
Movie Studio攻略のコツは、
単発の機能を覚えることではなくて、
組み合わせ方を頭を捻って創造することなのでしたね! 
 
 
ところで、
複数のカメラで撮影した映像が、
微妙に(ときには激しく)色が合わないのだけれど、
どのように調整したらよいの?
というお問い合わせを複数の方からいただきました。
 

 
撮影した複数カメラの
 
メーカーが違ったり、 
メーカーは同じでも機種が違ったり、
一台はオート、もう一台はマニュアルで撮影したときや、 
マニュアル撮影時の設定ミスなど、
 
編集で使いたい材料に、
色の相違があるときの対処方です。
 
 
そうです。
今までは複数カメラで撮影した素材を使った編集ではなくて、
単一カメラで撮影した素材の編集でしたので、
このような質問はあまり出てこなかったのですが、
 
今の時点になって
出てきたということは、 
あなたがステップアップしている証拠です。
 
 
Vegas Proと
Movie Studioの道案内をしている
山梨の飯田にとっては、
とても嬉しいご質問です。 
 
 
出来ることならば
レッスンのなかで、
実際にあなたの素材を使って解説できれば
それが一番効果的なのですが、
 
来る東京の8月レッスンでは、 
早いうちにお席がほぼ満席となってしまったので、 
レッスンに参加できない方がいらっしゃいます。
 
 
レッスンウィークが始まると、
1日で最低8時間は
喋りっぱなし且つ立ちっぱなしになるので、
拙ブログに力をそそぐ余裕はなくなります。 
 
そこで急遽ではありますが、
色合わせの方法(カラーマッチング)を 
解説します。 
 
 
なお、
今回お話しするのは、
ビデオFXのカラーマッチングです。
 
 
この機能は、
色違いの素材を一発で同じ色合いに
合わせることが出来るのですが、 
 
これが搭載されているVegasのバージョンは、
Movie Studio13と
Vegas Pro12、Vegas Pro13です。
 
 
上記以外のVegas Proと
Movie Studioの場合には、
ビデオFX(色調整の各種調味料)を使って、
個別に調整する必要があります。 
 
 
そこで
Movie Studio13と
Vegas Pro12、Vegas Pro13以外をお使いの方には、
 
必要なタイミングを見計らって、 
「色の調整」方法についての解説をしようと考えていますので、
それまで待っていて下さい。
 
 
そして、
今回の解説記事については、
 
「ふ~ん、こんな事も出来るんだ!」という程度に、
頭の隅に入れておいて下さい。 
 
 
なお、
かなりのボリューム記事となります。
 
読み始めると面白くて、
おそらく読みふけってしまうと思います。
 
どうぞ 
お気を付け下さいませ・・・(笑)

 
 
 


続きはここをクリックしてね!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

その148 文字の座布団(横帯編)の作成方法をお知りになりたい方へ [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、飯田です。
 
8月名古屋会場でのレッスンを終えて、
来る25日からの東京・上の会場でのレッスンに向けて、
更なるマニュアルを作っているところでありますが・・・。
 
 
今回の名古屋会場でも
まさに燃えまくっていて、
 
8日間のレッスン総時間は、
40時間弱にも及びました。
 
 
ご参加くださいました皆様へ
 
そうです、
あなたのことですよ!! 
 
とても楽しい時間を
過ごさせていただきました。 
 
どうもありがとうございました。
 
 
 
そして、
ソニーストア名古屋のスタッフさま、
ご相談カウンタースタッフさまへ、
 
おかげさまで、
たくさんのお客様に
喜んでいただくことが出来ました。 
 
多大なる応援をいただきまして、
心より感謝しています。
 
ありがとうございました。 
 
 
 
次に、
8月25日(月)からの
東京・上野会場に参加されるあなたへ
 
飯田のレッスンを 
どうぞ楽しみにしていてくださいませ!!
 
エネルギーには法則があって、
より大きく出すには、
より大きく吐き出すのだと、
ある本に記されていました。
 
ここが面白いところです。
 
より大きく出すには、
より大きく吸い込むのでは無くって、
より大きく吐き出すのだそうです。 
 
呼吸法と同じですね!!
 
 
名古屋では大きく吐き出してきましたので、
東京・上野レッスンがどうなるか?
私自身がとてもワクワクしています。
 
どうぞご期待下さい。
 
 
 
 
 
 
最後に、
8月レッスンが既に満席のため、
ご参加できない皆様へ、
 
ご希望にそえず、
誠に申し訳ありませんでした。 
 
どうか、
9月以降のレッスンを
楽しみしていただければ幸いです。
 
 
 
さて、
今回の本題に入ります。
 

続きはここをクリックしてね!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

その147 特別価格でのMovie Studio Platinum12が欲しい方へ。  数量限定・無くならないうちに!(笑) [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、飯田です。
 
8月5日(火)から始まった
名古屋会場(ソニーストア名古屋さま)での 
「飯田のレッスン」が佳境に入ったところです。
 
 
飯田さん、
 
お昼休みも無くて、
さらにはお客様の入替時間さえも惜しんで
レッスンを続けられていて、
お身体は大丈夫ですか?
 
と、
スタッフの方に声を掛けていただくほどに、
めちゃくちゃにレッスンを行っています。
 
ご心配いただき、
ありがとうございます。
 
 
私にとっては、
「仕事が遊びで、遊びが仕事」なので、
歳のせいか身体は非常にキツいものがありますが、
 
楽しくて楽しくて、
いま死んでしまっても構わないというほどの
至福の時を感じています。
 
小さな子供が
ご飯を食べることさえ忘れて、
夢中になって遊んでいるのと一緒です。
 
 
このような素晴らしい
人生という名の旅を体験をさせていただけるのも、
レッスンにお越し下さるあなたのおかげです。
 
そして、
私の志を応援して下さる、
ソニーストア名古屋さま、
フックアップ社さまのおかげです。 
 
いつも感謝しています。
ありがとうございます。 
 
 
話は変りますが、 
お金を出して参加する、
レッスンや、勉強会や、セミナーなどのクオリティを
あなたが客観的に判断する方法があります。 
 
それは、
講師がノリノリか?
 
ノリノリであったら、
どのくらいのレベルでノリノリか?
という点です。
 
講師がノリノリということは、
その内容は結果として
抜群に面白いでしょうね!
 
エネルギーというものは、
伝搬するものなのです。 
 
 
もっとも、 
いまお話ししたことは、
単にお金を払って参加するレッスンや
セミナー・講習会だけのことではないのです。 
 
会社でのミーティング、会議でも同様ですよね!
 
そのミーティングや会議のエネルギーが
どの程度のレベルかを感じると、
上手くいっているのかいないのかが
分かることと同じです。
 
これは、
人から「奪う」のか、
人に「与えるのか」
の違いだと思います。
 
 
水は高いところから低いところに流れる。
氷は溶けたら水になる。 
生まれたら死は必ず訪れる。
 
という自然の法則があるように、
 
強いエネルギーのあるところに、
よりエネルギーは集まるのではないか!?ということを
最近実感しているところであります。(笑)
 

 
 
ところで、
今回の本題に入ります。
 
Movie Studio13日本語版が
発売されているところではありますが、
 
それでもやっぱり
いままでの画面レイアウトのVegasがいいから、
どこかで売っていないかな~とお考えの方は
いらっしゃいませんか?
 
 
【飯田の公式】から、 
Vegasを使いこなすコツは、
2つのスイッチにある。
 
 
2つのスイッチには、
それぞれにONとOFFがあるので、
この組み合わせは2の2乗だから、
4パターンあるよね。
 
だから、
この4パターンを編集の必要に応じて
適宜に使うことがVegas攻略の秘訣であり、 
 
まさにそれは、
この2つのスイッチを
使いこなすことに尽きるのです、
ということを、
 
「飯田の公式」レクチャーを受けられた方は
ご存じかと思います。
 
  
そして、
いままでバリバリと
(Vegas)Movie Studioを使いこなされていた方が、
 
Movie Studio13に変って一番にストレスを感じているのは、
編集画面(GUI・graphical user interface)の変更による、
上記2つのスイッチの操作性についてですよね!
 
 
私のレッスンを受けられている方で、
Movie Studio13をお使いの方には、
MS13用の追加の「飯田の公式」をお話ししているので、
この操作性の不便さを回避できてはいるのですが、 
 
いま現在、
Ver.9、10、11、をお使いになっている方が、
バージョンアップを考えたときに、
いまお話しした2つのスイッチの操作性が
とても気になるようです。 
 
 
すると、
Ver.9、10、11、をお使いになっている方が、 
従来の操作性を求めつつ
バージョンアップを考えるとしたら、
 
いっそのこと Vegas pro13 に
ステップアップしてしまうのが、
手っ取り早いのではありますが、
 
価格はそれなりになりますので・・・。
 
 
この8月名古屋のレッスン中に、
それでもやっぱり
Movie Studio12が欲しいという声を
伺ったので、
 
Movie Studio12を
格安に購入する方法が無いかと探していましたら、
なんとアマゾンではなくて(笑)
フックアップ社様にありました!!
 
 
004.jpg 
 
 

まさに、
灯台下暗し(トウダイモトクラシ)でありました。
 
しかも、
税込み5000円であります。 
 
え~フックアップさん、
正気ですか~!! 
というレベルであります。(笑) 
 
 
 
 
 

 

続きはここをクリックしてね!!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

その136  顔晴れ(ガンバレ) アマナイさん     Vegas movie studio の使い方 [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、飯田です。
 
取り急ぎの記事アップです。 
 
 
 
>発表会の午後の部を作っています。

>ビデオのタイムラインの中にもう一つ タイムラインが出来て います

>なんで 出来てしまったのか わかりません

>これの 消し方を 教えていただきたいのですが

>良く見ると キーフレームを作る時のラインに、にています。

>書いてあるのは

>位置
>2Dシャード
>2Dグロ

>と書いてあります 
 
 
質問がある、
解らないことがある、
というメッセージは大歓迎です。
 
なぜならば、
それはあなたが前に進もうとしているからです。
 
そして、
その質問内容から
あなたが今どこの位置にいて
どこに向かおうとしているのかがわかります。
 
 
今回の質問を聞いただけで、
編集効果にトラックモーションを使われたのだなと
ピーンと来ました。 
 
単純な編集では、
そもそもトラックモーション等を使わないのですから・・・。
 
 
私は
前に進もうとしているあなたが大好きです。
 
 
私はいつもあなたの傍にいます。
だから安心して私についてきてください・・・。 
 
 
 
さて、
ご質問の件ですが、 
Movie Studio13に装備された
新しい機能なので恐るるに足りません!!
 
以下のキャプチャ画面を
ゆっくりと読み進めて下さいませ。
 
 
 
 トラックモーションを使っていない場合が下図のとおりです。
 
 001.jpg
 
 
ここでトラックモーションを使ってみましょう! 
 
 
002.jpg 
 
 
トラックモーションとは、
飯田の公式から「青の四角」の事でしたね。 
 
003.jpg 
 
 
 
トラックモーションを操作し終えてその画面を閉じました。
このときにまな板の一番左端に注目して下さい。
 
「ひし形三角マーク」がありませんか? 
 
 
004.jpg
 
 
Movie Studio13からなのですが、
トラックモーションが使われていると、
それが使われているまな板の一番左の部分(トラックリスト)に
「ひし形三角マーク」が表示されるようになったのです。 
 
 
 
 
それではここで、
「ひし形三角マーク」をクリックしてみましょう! 
 
005.jpg 
 
 
 
 
元に戻すには、
もう一度「ひし形三角マーク」をクリックするのです。
 
 006.jpg
 
 
 
すると、元の状態に戻ります。 
 
006_.jpg 
 
 
それでは・・・!! 
 
名古屋に向かう準備中の飯田より
 
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

その135  Movie studio13 自動プロキシ作成を解除する方法     Vegas movie studio の使い方 [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、飯田です。
 
現在、
名古屋会場でのレッスンウィーク中なのですが、
今月のレッスンでは、
なんとびっくりしたことが起こっていました!! 
 
いつもの通りのレッスンを行う机に向かうと、
「飯田先生!今月からはこちらでどうぞ!!」と
案内させたのがこちらです。 
 
DSC03069_R.JPG
 
え~、机がこんなにあってもいいんですか~? 
これならVegasの集合型セミナーが出来ちゃいますね!!と、
驚いてしまいました。 
 
 
DSC03070_R.JPG 
 
DSC03057_R.JPG 
こんなにも「飯田のレッスン」を大切にしていただき、
感謝感激であります。
 
 
DSC03071_R.JPG
 レッスンに使うモニタは、なんと『4Kブラビア』です!! 
 
 
DSC03055 (1)_R.JPG 
 
「絵と音の分離」についての概念(考え方)です。
ホワイトボードの文字を読んで
おさらいをしてみて下さいね!! 
 
 
 
ソニーストア名古屋のご関係者さま、
心から感謝しています。
ありがとうございます。 
 
 
 
ところで、
4KハンディカムのAX-100を購入されたお客様といっしょに
Movie Studio13にて4K編集を始めたのですが・・・。 
 
 
Movie Studio13は(Vegas Pro12も同様ですが) 
材料置き場に4K素材を乗せると、
自動的にプロキシファイルを作成し始めます。
 
001.jpg 
 
動画編集が初めてという方には、
Movie Studio13がプロキシファイル作成を
自動的に行ってくれるので、
とても便利で親切な機能なのですが、
 
プロキシファイルを作らずとも、
4K編集が出来てしまう性能を持つパソコンを
お持ちであったり、
 
プレビューの動きが悪くなったら
プロキシを作ればいいのだから、
そんなもの作らずにすぐに編集したいっ!というときは、
このプロキシファイルを作成している時間が煩わしくなります。 
 
そもそも私たちは、 
プロキシファイルを作成しないでも「す~いすい!」が、
当たり前になっているのでこのストレスは強烈です。 
 
そこで
自動的にプロキシファイルを作成しない設定方法を
記しておきますね。 
 

 
 
 

 

続きはここをクリックしてね!


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

その130 PCはまだ買い替えるな! 何故ならば Movie Studio13 にプロキシ作成機能が追加されたから!! [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、
飯田です。

ハイビジョン動画編集を行っているときに、
それが上手くいかない原因は4つありましたね。

1,パソコンの性能が低い。
2,Wibdowsが不安定。
3,動画編集ソフトの出来が悪い。
4,操作している私の「やり方」が悪い。

ですから、
編集作業中やレンダリング中やディスク作成時に
エラーなりPCのフリーズで先に進めないときには、
上記4点を確認する必要があるのですが、


Vegas(Movie studio)の場合に限っては、
編集が上手くいかない理由はただ一つだけで、

「操作している私の「やり方」が悪いのでした。


何故にそのようなことが言い切れるかというと、
私のレッスンを受けられた全員の方が、
作品を完成されているからです。


量販店で売られている普通のパソコンで、

しかも、
Windows VISTAの搭載メモリ4G程度のノートPCでさえ、
ハイビジョン編集でブルーレイディスクを完成されているので、
このように言い切れるのです。


Vegas(Movie studio)ないしVegas Proは
おそらく世界一軽いソフトであると思います。

Vegas(Movie studio)は
プロキシ編集でないにもかかわらず、
他のプロキシ編集ソフトよりも
操作が軽いのですから!!

これは驚くべき事だと思います。


ハイビジョン編集は
そもそもがPCに大きな負担をかけるので、
編集レスポンスが重くなりますし、
その結果パソコンはフリーズしやすくなります。

そのために多くの動画編集ソフトが
一般的に「プロキシ編集」と呼ばれている方式を
採用しています。、


プロキシファイル(ダミーファイル)を作成し、
そのプロキシファイルを使って編集して、
レンダリング時にオリジナルファイルを使用するというものです。


しかしながら、
Vegas(Movie studio)ないしVegas Proは
プロキシ編集ではないソフトなのでした。


ところで、
Vegasは「重いんじゃないの?」という言葉を
たま~に耳にします。

私のレッスンを受講されている方は、
そんなことはとっくにご存じのことと思いますが、

「重いんじゃないの?」というご感想をお持ちの方は、
おそらく「軽くする」ための操作方法(カスタマイズ)を
ご存じないのだと思います。

つまり、
受け取っている情報が
効果的ではないということです。

私が持っている、
上手くいくためのアイデアの中に、
「質問は答えられる人に質問する」
というものがあります。

質問する人を間違えると、
効果的でない答えをもらってしまうので、
結果的に「出来ない」ということになってしまうのです。



DSC01107_R.JPG

飯田先生が名古屋レッスンに向かう頃に大雪が降ったので・・・、
「応援の雪だるまを作りました!」と、
東京の受講生さんから応援メッセージをいただきました。

お心遣いいただき、
とても嬉しいです。
ありがとうございます。



そんでもって、
ハイビジョン動画編集が上手くいかない4条件に
更に一つ付け加えようかと思います。

それは、
手にしている情報が効果的ではない。

つまり、
質問している人を間違えているから、
あなたが手にしている情報が、
効果的ではないのですと!!(笑)


ですから、
Vegasを使っている限り、
上手くいかないのはあなたのせいではないのです。

あなたは悪くはないのです。

Vegasが『しょぼい』のでもありません。


あなたが手にしている情報が
効果的ではないだけなのです。

 

とするならば、

効果的な情報を手にすれば
前に進めるのです。

さあ、
一緒に前に進みましょう!!

さて、
今回の本題に入ります。

パソコンを買い替える前に、
Movie Studio13 を使ってみましょう!
というお話です。














続きはここをクリックしてね!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:動画

その128   「vegas 材料置き場の秘密 その2(全3回) パンクロップ画面がなくなった?」    Vegas Movie Studio使い方 [裏技・テクニック・Tips]

こんにちは、

飯田です。

 

今回は前回お話しした「材料置き場の秘密」の続きで、

収納棚とイベントのパンクロップ画面との関係です。

 

イベントのパンクロップ画面がなくなちゃった!という場合の

対処法とその考え方をお話しします。

 

80.jpg 

 

イベントのパンクロップ画面とは、

飯田流の解説でいうところの「Fの四角」 の事です。

 

映像の仕上がり具合はカレー鍋(モニタ)の映り方でわかります。

 

このとき、

仕上がり具合がどのように映るのか?

特にその材料の大きさや位置がどのように映るのか? 

 

材料が映るサイズを調整する方法には二通りあって、

その一つが『イベントのパンクロップ『で、

もう一つが 『トラックモーション』でしたね。

 

レクチャーが進んでいらっしゃる方は、

材料が歪むか歪まないのか!

それが問題だ!!

 

パンクロップは歪まないけど、

トラックモーションは歪む のだ!

という解説を耳にされたかと思います。 

 

イベントのパンクロップは

必ずと言ってよいほど使うスイッチなので、

このスイッチを押しても「イベントのパンクロップ画面」が

開かないというのは大変です!

 

イベントのパンクロップ画面が開かない理由は、

収納棚との関係性ににあります。 

 

難しい理屈の話ではありませんから、

お気楽に読み進めてくださいませ(笑)

 

今回は全3回の解説の内の第2回です。

 

第1回をまだご覧になっていない方は、

こちらをまずお読みください。

 

Vegas 材料置き場の秘密 第1回

http://vegas.blog.so-net.ne.jp/archive/20140111

 

 

続きはここをクリックしてね!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画
前の10件 | - 裏技・テクニック・Tips ブログトップ